--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-11

<かなざわアニメフェスタ2012>を見て回って

 相変わらず遅れた話題で恐縮ですが、6~8日の3日間に金沢市で<かなざわアニメフェスタ2012>なるものが開催されておりましたので、地元のイベントでもありますし、アニメは少しだけ大好きですから見に行きました。
 フェスの主旨については、先月の北國新聞の記事があります。

北國新聞→クールな魅力、アニメで創出 金沢で来月フェスタ

 上記リンク先から抜粋(ちょいリミックス)。

 市は、金沢美大出身の監督の活躍や、湯涌温泉をモデルにした「花咲くいろは」の放送による地域活性化などを追い風に、金沢のアニメ土壌を生かして新たな魅力創出を図る。近年は「花いろ」効果で湯涌温泉の知名度が向上し、金沢美大で学んだ米林監督、映画「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督も注目を集めている。日本のアニメは海外からの評価も高く、「クール(かっこいい)」なサブカルチャーを通じて交流人口の拡大を目指す。
 ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」で知られる米林宏昌監督(野々市市出身)や、「マジンガーZ」などの作者である永井豪氏(輪島市出身)が参加し、トークショーなどを計画している。アニメ上映会、子ども向けのワークショップのほか、懐かしのアニメポスターや「花咲くいろは」関連の展示も予定しており、「老若男女問わず、アニメ文化の奥深さを感じられる」(市観光交流課)内容とする。
 市は、フェスタを通じてアニメ文化を幅広い年齢層に浸透させるきっかけとし、国内外との交流推進に弾みを付けたい考えである。9月補正予算案にアニメフェスタ開催費500万円が計上される。

 とまあ、何が「クール」なのかさっぱりわからないアニメ作品によるフェスなのです。500万円の予算が高いのか低いのかわかりませんが、行ってみた感想としては、「え、これでフェス?」です。

 「老若男女」に向けてはありましたが、コア層だけに向けていない、ということにすぎません。当然ながら「アニメ文化の奥深さ」は微塵も感じられませんでした。
 確かにコア層だけに向けていては広く一般に浸透させることは難しいでしょうが、「老若男女」な方針は必要でしょうか? まずはコア層を満足させることを考えた上で、広く一般にも理解してもらう方法を考えるべきだったように思います。私はコア層ではありませんが、物足りなさで一杯でした。
 地元に限定したコンテンツばかりなのも悪いと思います。「地元」にこだわらずに行うべきでしょう。「地元」にこだわると続けられませんよ。贔屓になりますが、<カナザワ映画祭>という成功例を見習うべきです。
 ゲストが永井豪さんと米林宏昌監督というのも面白味が薄いように思います。人気がないとか実力不足だとかいいたいわけではありません。旬の大ヒット作である『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督も呼ぶならまだ<かなざわアニメフェスタ>としての面白味はあったでしょうが、どこでも行えそうな安全な発想すぎて面白味がないと思うのです。
 あと、『花咲くいろは』を推すなら、劇場で全話を一挙に上映するとか、「フェス」らしいことを行うべきだったと思います。
 企画立案に「サブカル」好きは参加していたのでしょうか? 余りにも狭く浅い企画であるため、熱心な「サブカル」好きが企画立案に参加していなかったのではないかと推測します。「フェス」のくせに、行われたのは小規模なパネル展示、ポスター展示、作品上映、トークショウだけ。しかもみんな地味。「サブカル」なのに熱量が低い。
 失礼ながら、旧態然とした、いかにも新聞社や役所が考えたと思われる無難すぎるイベントでした。

 そもそもアニメが「クール」って、本当ですかね? そこが怪しい。日本の「サブカル」が「クール」だった時代はもう終わったような気がするのですが。いや、今でも「クール」と評される文化はあるのでしょうが、それはごく一部なのでは。たとえ経産省が推す「クール・ジャパン」の威力がまだ強いとしても、それが<かなざわアニメフェスタ>に反映されているとは全く思えません。
 安易さばかりが目立っています。

 来年はあるのでしょうか?
 来年は『花咲くいろは』の劇場版が公開されるそうなので、とりあえずあと1年間は湯涌温泉も大多数の観光客を望めるでしょうが、その後はどうなるのでしょうか。また地元を舞台にした作品を作ってもらうのですかね。で、それを定期的に続けると。展望が開けてないように思います。
 ま、何にしろ来年も「フェス」を続ける気があるのなら、もう少し真剣に「サブカル」好きのことを考えた、または熱心な「サブカル」好きが考えたイベントにしてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【<かなざわアニメフェ】

 相変わらず遅れた話題で恐縮ですが、6〜8日の3日間に金沢市で<かなざわアニメフェスタ2012>なるも

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。