--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-14

<カナザワ映画祭2012 XXX>初日(9/14)

 行って参りました<カナザワ映画祭2012 XXX>の野外上映に!

 夕方に一瞬、激しい雨が降ったため、金沢都ホテル・セミナーホールに場所移動かなぁ、と野外上映を危ぶみましたが、雨は30分程で止み、その後は何事もなかったように、多少は曇っていましたが、強風もなく、適度に涼しく、快適な状態で上映が開始されました。
 会場となった香林坊にぎわい広場には、老若男女が集まり、用意された150人分くらいのパイプ椅子は全て埋まり(ちゃんと数えてないので、何となくの数字)、座れない方々は思い思いの場所に腰掛け、または立ったままで、上映を今か今かと待ちわびていました。大体200人くらいは集まったのでしょうか。見渡すと、小さなお子様を連れた方もいて、おいおい、これは子連れ向きの作品じゃないの知ってんのか、と驚きましたが、まあ、情操教育には最適な作品でもありますから、何の問題もありませんので、良いことだと感動しました。小さなお子様は2人程いたと思います。『ショーガール』を観たそのお子様は、将来どのような大人に育つのか楽しみです。

 かなざわ映画の会による開始挨拶の後には、サプライズ・ゲストとして、クリスチナ・リンドバーグさんがご登場されました。作品で観られるお姿からはお年を召していますが、とてもお美しく、上品さがあり、しかしマイクのハウリングに「マイガッ」と驚くチャーミングさもあり、『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』の撮影から40年を経て金沢に来ることになった不思議を短く端的な感想としてまとめ上げ、<カナザワ映画祭2012 XXX>の開幕を盛り上げました。
 芸子さんが花束の贈呈をしていましたが、失礼ながらお名前をど忘れしました。

 そのすぐ後、さらにサプライズとして、ポールダンサーのKAORIさんがご登場され、見事すぎるポールダンスをご披露して下さいました。本当に見事すぎて、その魅惑的なお姿に見惚れる余裕もありませんでした。初めて実際のポールダンスを観たので、あんなに激しくもカッコイイものとは知りませんでした。映画なんかで映されるものはせいぜいがポールに掴まってクルクル回ってるくらいですから、あんな新体操みたいなアクロバティックなものとは! オリンピックはポールダンスを新体操に組み込んだらどうですかね。視聴率が万倍くらいに跳ね上がりますよ。出初式もポールダンスにしてみたらどうでしょうか。
 会場が大盛り上がりした後、遂に『ショーガール』の上映開始です。

 まあ、あれですね、何度観ても、すっごい下らない作品です。成り上がりの下剋上の女の戦いのロマンとエロスとバイオレンスが溢れる脂ぎった作品です。とにかく、内容の安っぽさが素晴らしい。アメリカン・ドリームな話なのですが、舞台が底辺すぎて空しくなりそうなのに、物凄く感動するのは、どこかから来て、どこかへ去るという構造ゆえだと思います。下らないけれど、ちゃんと「映画」してます。
 笑って、泣ける。そして画面を覆う裸体に裸体に裸体。しかもその表現は、エロスといよりバイオレンス。裸体が咲き乱れているのに、エロを感じる前に恐れ戦いてしまう。ポール・ヴァーホーヴェン監督は、美女たちの裸体を、ナイフかハンマーかチェンソーのように振り乱して描きます。「女の武器」なんて表現がありますが、むしろ凶器。
 <カナザワ映画祭2012 XXX>の華々しい開幕には最適の作品でした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。