--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-25

エロす!

 今月号の『映画秘宝』を観ましたら、今年の<カナザワ映画祭>の最新情報が載っていました。今年のテーマがエロだとは知っていましたが……本気でエロだったのですねぇ……

 何よりも驚いたのは、あのポール・ヴァーホーヴェン監督の不屈の名作『ショー・ガール』が野外上映だったこと! あれを、野外で!? 何という誕生日プレゼントでございましょうか(野外上映日が私の誕生日)。いまからハアハアしてしまいます。
 それにしても、どうせならヴァーホーヴェン特集なんてしてもらえたら良かったなぁ、なんて思ったりもしました。『氷の微笑』は候補になかったのでしょうか。『ブラックブック』も広義にエロでしょうし、『インビジブル』も男子エロ妄想炸裂映画ですし。ホントに欲望に忠実な監督です。

 爆音上映作品で驚いたのは、『スペースバンパイア』です。なるほどぉ~、と深く納得してしまいました。浅いようで深い<カナザワ映画祭>です。
 しかし、『バタリアン』が爆音上映なのは、何ででしょうか? ダン・オバノンさん繋がり?
 個人的なわがままとしては、『ZOMBIO/死霊のしたたり』を爆音上映してもらえたら嬉しかったなぁ、と。エロ要素もちゃんとありますし、<カナザワ映画祭>向けですし。ジャン・ローラン監督の名作『猟奇殺人の夜』とかも良いのに。ファンが少なそうですけど、あれ名作ですよね!
 それにしても、爆音上映とエロの相性が良いのか悪いのか、全く想像つきません。今年のテーマがエロと聞いて少し興味が薄れた感はあったのですが、ラインナップを眺めていると、ムクムクと興味が湧いてきましたね。さすがエロ。ムクムクです。客数が今までに比べて増えるのか減るのか、とても興味あります。

 上映館である元ロキシーは、昔からの金沢市民ならとてもお世話になった映画館でした。
 が、エロという点でなら、ロキシーよりも先に潰れてしまった、ロキシー横の文化劇場でしょうか。エロやエロ、時折ホラーという映画館だったと記憶しています(健在の頃、私は子供だったので曖昧)。確か、『人喰族』と『人間解剖島/ドクター・ブッチャー』を二本立てで観ました。男子小学生の私にとって夢のような映画館でしたね。そのくせ『ショート・サーキット』なんかも普通に上映してましたし。あれは何の同時上映でしたか……ま、金沢市民以外には全く意味不明のことです。ただただ懐かしいなぁ、と。
 それにしても、ロキシー跡はホールとして場所が残っていたのですねぇ。知りませんでした。エロをテーマに上映会をするには、上映場所の確保に苦労したのでしょう……その上、爆音上映ですから。駅前シネマは……無理でしょうし。

 何にしろ楽しみです。かなざわ映画の会の皆様、頑張って下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

tag : カナザワ映画祭

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。