--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-18

『幸せへのキセキ』(Erasure Remix)があったら幸せに心が爆発するかも

 『幸せへのキセキ』を観ましたら、開始直後に驚いてしまって、思わず「えっ!?」と声を上げてしまい、周囲の他の観客をも驚かせてしまいました。というのも音楽担当がヨンシーさんだったからです。

 ヨンシーさんの『Go』が超大好きな私は、「Go Do」が使われている予告編からもう楽しくて楽しくて、キャメロン・クロウ監督の作品である以上、音楽にこだわっていることはわかっていましたが、「Go Do」はどうせ予告編に流れているだけで本編には全く使われないに決まっていると思っていたので(そーゆー予告編が多いから)、まさか音楽担当がヨンシーさんであるとは全く想像もしておらず、「音楽担当ヨンシー」のクレジットを見た瞬間、「えっ!?」と声を上げてしまったのです。
 ヨンシーさんの映画音楽といえば、『ヒックとドラゴン』の「Sticks and Stones」です。聴くだけで――いや、想い出すだけで空を飛べそうになる作品は、映画音楽と相性が抜群に良いのはわかっていますが、いやまさか音楽担当そのものを担うとは。嬉しい、本当に嬉しい驚きです。

 ヨンシーさん以外にもトム・ペティさんやボブ・ディランさん、ウィルコとかとか、クロウ監督らしい選曲で場面を盛り上げます。中でも最高なのは、やはりまあ、当然の如く「Go Do」なのです。飛翔感を感じる曲に、前へ前へと突き進もうとする詩に後押しされ、とにかくボロ泣き。自然光を煌びやかに使った場面に「Go Do」は反則ですよぉ。作品の邦題ではありませんが、本当に幸せな気分になる作品でした。
 あまりにもヨンシーさんが良かったので、再び――今回は吹き替え版で観たので――字幕版で観たいと思います。

 ところで、『幸せへのキセキ』の音楽担当を七尾旅人さんにしても面白いものができるのではないか、と想像しました。ヨンシーさんに負けませんよ。
 私のご贔屓である、イレイジャーも良いのでは。私のオールタイムベストなアルバム『I Say I Say I Say』にも収録されている「Always」や「Run To The Sun」、後半の盛り上がりに涙が溢れるアルバム『Nightbird』から「I'll Be There」、「Because Our Lovese Is Real」、「Don't Say You Love Me」、「Sweet Surrender」などを使って――というか、全曲書き下ろしで超ポップな映画に仕立ててほしいです(あ、昨年の『Tomorrow's World』ももちろん好き)。音楽をイレイジャーにした、『幸せへのキセキ』(Erasure Remix)を作ってもらえたらどれだけ幸せになれるか――私を幸せで殺す気か思うくらいです。と夢想している今、その夢想だけで感動して泣けてきました。

 最近で他にも幸せな気分になれた映画は、『ファミリー・ツリー』ですね。これまた音楽がとても良く、作品全体を包むハワイアンのゆったりとした優しい響きがとても心地良い、全身に感動が染み込む作品でした。「家族の再生」というありきたりな物語をハワイを舞台にしてハワイアンで彩る、その発想が見事。
 『幸せへのキセキ』も『ファミリー・ツリー』も、最後の場面に全てが集約されるように作ってあります。「この最後の場面を撮る」ために全編がある、そういっても過言でないと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。