--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-28

意見だけ見ると侮れないどころじゃない

 幸福の科学映画の最新作公開が迫っている中、ただ待ちわびているわけにもいきませんので、下ごしらえとして大川隆法さんの本を立ち読みしました。
 何かこんなことばかりいってると幸福の科学信奉者のように思えそうですが、いやしかし実際、幸福の科学本は超面白いのです! 最近発売されたものだけでも――

 『台湾と沖縄に未来はあるか?』 馬英九台湾総統と仲井眞弘多沖縄県知事のインタビュー本
 『韓国李明博大統領のスピリチュアル・メッセージ』 李明博大統領のインタビュー本
 『ロシア・プーチン新大統領と帝国の未来』 プーチン大統領のインタビュー本
 『財務省のスピリチュアル診断』 安住淳財務大臣と勝栄二郎財務次官のインタヴュー本
 『ネクスト・プレジデントⅡ』 ミット・ロムニーさんとリック・サントラムさんのインタビュー本
 『ネクスト・プレジデント』 ニュート・ギングリッチさんのインタビュー本
 『もしケインズなら日本経済をどうするか』 ジョン・メイナード・ケインズさんのインタビュー本

これだけのラインナップ! 短期間でこれだけの偉人・有名人を揃えたインタビュー本は他にありますまい!
 日本にとって重要な国である台湾、韓国、ロシアを揃えるのは当たり前といわんばかりの連発販売!
 正直かなりどうでもいい安住財務大臣のインタビューまで採っている意外性!
 ロムニーさんやサントラムさんやギングリッチさんの忌憚ない意見を読めるのは幸福の科学本だけ! まだ党候補の候補でしかない時点での意見ゆえ、やはりか~なりどうでもいい意見が大半ですし、今となってはサントラムさんもギングリッチさんも候補者指名争いからの撤退表明をしていますから、その2人の意見は全くの無駄! でもまあ、英語の勉強にもなるし、受験生は朝日新聞なんか読んでる場合じゃない!
 「もしドラ」をパクった題名である『もしケイ』! こんなところにも「もしドラ」便乗商法が!
 そして、何が面白いって、本人でなく守護霊のインタビューであること。本人の意見ではないのですが、本人の守護霊ですから、本人みたいなものなのです。何たって守護霊ですから、むしろ本人が守護霊に操られているのかもしれません。
 幸福実現党の公式サイトを見ると、ロムニーさん、サントラムさん、ギングリッチさんの守護霊インタビューの様子を動画で少し楽しめます。


入れ歯が外れかかっている老人のようなモゴモゴした喋りですが、大川さんのウーパールーパーみたいに愛らしいご尊顔を楽しめるだけで満足です。
 Amazonの各レビューを見ると、大絶賛! みんな5つ星! 信者以外のレビューはないようです。

 どれだけの政治家や学者を集めても守護霊と直に語り合える幸福実現党には敵いません。幸福実現党は最強です! これで幸福実現党でさえなければ!
 とまあ、笑って馬鹿にしても許してくれそうな余裕ある幸福実現党は、公式サイトや出版物を見る限り、色物キワモノな意見は意外や少なく、驚かされます。
 たとえば大阪維新の会を批判的に見ており、堂々と原発再稼働を訴えていたりします。大手マスコミや殆どの政党が真正面から堂々と原発再稼働を訴えることをしない現状、これは偉いことだと思います。国防についても積極的に語っており、他国によって占領される恐れがあることを示唆します。大阪都構想から発展する道州制は国防を揺るがす問題である、とも批判しています。そこから当然のように『ファイナル・ジャッジメント』の宣伝も行っており、少しも気を緩めることができません。
 イノベーションが重要だ、と当然のことを語っており、幸福の科学は宗教のイノベーションなのでしょう。

 もう全てが素晴らしく、なぜもっと大手マスコミは幸福実現党を取り上げないのか不思議でなりません。洗脳されるとか思って怖いのでしょうか? ま、そんな方も大勢現れそなくらい、一見して真っ当に見えますから、油断大敵です。自分が常識的で真っ当な人間だと思っていると、簡単に洗脳されてしまうものです。ネットがこれだけ広がって、その結果、「動物的」な人が増えたのかもしれません。
 いつもなら本屋の立ち読みでさらさら~っと読んでおしまいなところを、幸福の科学映画を楽しみにしているくせに立ち読みばかりは申し訳ないと思い、今度は何か買ってみて、もう少し詳しく読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。