--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-30

『STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D』は、駄目さパワーアップ

swep1
 それほど遠くない昔、とてもとても不味い料理がありました。素材は良いのに調理方法を間違ったため、とても不味くなってしまったのです。調理人は、調理工程のミスに気付いたかはわかりませんが、美味しく食べるため、さらに味付けを加えました。そして――不味さは向上しました。
 そんな、駄目な部分の改善すら試みられていないのが、『STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D』です。

 2D版を公開時に観ているので、駄目な作品だということは存分に理解していました……アクションのない場面はTVドラマレベルの作りですし、アクション場面も演出が平坦なために盛り上がりません。しかし、3Dともなれば、少なくともアクション場面くらいは楽しくなった筈! が、実際は全く逆。
 頑張って褒める部分を探して作られている雑誌なんかの紹介記事で必ず取り上げられているポッドレースの場面も、3Dになったからといって良くはなっていません。CGキャラクターのCGの薄っぺらさも3D効果で倍増。
 3D効果は、薄っぺらい演出を明確にしただけでした。上映時間が長くて3Dメガネの着用が負担になりますし。

 生まれて初めて観た映画が「エピソード4」で、それから映画にハマった私は、「スター・ウォーズ」シリーズは大好きなのですが……本作には絶えられず、「うわぁ、酷い作品だなぁ」と思い続け、半分以上を寝て過ごしました。気付いたらエンド・クレジットが。さすがに最後までそれを見る気はなかったので、早々に退場。
 劇場まで足を運んで観る価値はない、家庭用TVくらいの画面で観た方が良い作品です。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。