--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-19

金沢市民として『黒い家』をオススメしたい

 先月20日に亡くなった森田芳光監督を追悼する動きが石川県内で広がっているそうです。北國新聞にて、「森田監督しのぶ」という記事が掲載されており、そこに書かれていました。レンタル店では特別コーナーが設けられ、映画館では『武士の家計簿』が再上映されるそうです。
 なぜ石川県でそんなに森田監督が評価されるのかというと、『武士の家計簿』というご当地映画を撮ってくれたからにすぎません。はっきりいって全く大したことのない『武士の家計簿』ですが、東京都のお役所には「青少年を健全に育成する上で有益であると認める」と評価されています。毎度のことではありますが、東京都青少年健全育成審議会というのは全く健全ではありませんね。青少年を健全に育成するためにも森田監督のピンク作品もオススメしたいところです。

 金沢市としては、『武士の家計簿』よりも『黒い家』を評価してほしいところです。大竹しのぶさんの「乳吸え~」というギャグ演技が強い印象を残す(というか、それしか残らん)、怪作。これも決して良い作品ではありませんが、町興し映画として考えれば、最強。<百万石祭り>という金沢市最大のイベントを背景に殺人場面が描かれるのですから。「いいね金沢~」という歌が流れるのです。金沢市に喧嘩売ってんのかという演出。あれ見ると金沢市へ観光に行こうとは思えません。逆町興し!
 森田監督を偲ぶ割に『黒い家』には全く言及がないところを見ると、あれはなかったことにしたいのでしょう。なーんか、お行儀の良さが気に入りません。

 それにしても、『武士の家計簿』の再上映は特別料金として千円らしいのですが、高くないでしょうか? 500円でいいでしょうに……『黒い家』も500円で再上映すれば、意外と『武士の家計簿』より集客を望めるかもしれません。今こそ「乳吸え~」を流行語に!
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。