--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-25

紅白にチェン様とな!?

 昔から大して興味のなかった「NHK紅白歌合戦」が、昨今ますます興味がなくなり(昔は親が観ていたので、私もしかたなく観ていた)、今では馬鹿にすらしているのですが(遂に親も4年前から観なくなった)、今年はちょっとだけ興味が湧いています。ジャッキー・チェンさんが登場するから。

デイリー・スポーツ・オンライン→ガガ、紅白出演正式決定!史上初の収録出演

 上記リンク先から抜粋。

NHKは24日、米女性歌手・レディー・ガガ(25)が、大みそかの「第62回NHK紅白歌合戦」(後7:15)に出演することを正式発表した。「『あしたを歌おう。』世界からのメッセージ」コーナーでニューヨークからパフォーマンスを届ける。
 紅白史上初の収録となるものの、NHKによると、撮影は日本時間の31日(現地時間30日)に行われるため、限りなく“生”に近い形になるという。
 なお、「世界からのメッセージ」コーナーには、香港出身の俳優ジャッキー・チェン(57)、サッカー日本代表MFで、ドイツ1部リーグのウォルフスブルクに所属する長谷部誠(27)も登場する。

 なぁーんだ、メッセージだけかぁー。

 それにしても、「NHK紅白歌合戦」にチェンさんやガガさんを登場させる意義はあるのでしょうかね? 2007年の「NHK紅白歌合戦」で

現在NHKは、今回の58回から再来年の60回までの3か年で、紅白のリニューアルを進めています。その3年間のコンセプトが「歌力(うたぢから)」。歌の力を見直し、歌本来の魅力を伝えることを大きな目的としています。3か年の初年度にあたる今回は、「歌の力・歌の絆」をテーマに掲げ、歌を通してつながる社会、世代、そして心を見つめ直す紅白を目指し、選び抜かれた56組の歌手と司会陣が、歌の力で人々の心をひとつにつなげます。

と語っていたものですが、計画通りに「歌本来の魅力」を伝えることに成功したのでしょうか? 余計なことをせず、純粋に「歌本来の魅力」だけを伝えてもらいたいものです。

 今年は、遂に韓国のアーティストが出場することになり、世間では――というか主にネットでは批判的な意見が出ているようですが、そのような方々はアホですな。いや、差別的なだけのバカと蔑んで構わないでしょう。出演する若者向けのアーティストを知らない視聴者からすれば、日本語で歌う韓国アーティストは「日本人」ですよ。
 そもそもボロボロじゃないですかラインナップが。国外アーティストを出演させることに批判的なのはわからなくもないですが、そもそも今年出演している国内アーティストが国外アーティストを上回る程に魅力ありますかねぇ? 視聴率を気にする余り、「歌本来の魅力」がどっかに吹き飛んでます。
 視聴者によっては、演歌歌手が邪魔だと思っている方もいるでしょう。それを自覚した上でNHKに「日本の心を――日本の歌を若者に知ってもらいたい」というような心意気があるとは思えません。そのような心意気を見事に示したのは、今年の京都音楽博覧会に於ける石川さゆりさんの出演でしょう。くるりが主催しているという前提があるから盛り上がったのだとしても、祝祭としての醍醐味をちゃんと演出できていました。「NHK紅白歌合戦」にそれがあるとは思えません。
 国外アーティストが出演するしない以前に、もう「NHK紅白歌合戦」は日本人の国民的な番組ではないのでしょう。

 個人的には、三浦大知さんが出演してくれれば絶対に観るのに。歌も巧いですが、視聴者の目を釘付けするに違いない三浦さんのダンスは、番組を盛り上げると思うのです。もっと有名になっても良いと思うのですが、三浦大知さん。
スポンサーサイト

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。