--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-22

DOMMUNE BOOKSを買ってDOMMUNEを応援

 激動と混乱と平安の<FREEDOMMUNE>が過去の想い出となり、しかし変わらぬ被災地の大変さがあります。『無常素描』を昨日観まして、「原発の是非は置いといて、散らかっている物を片付けろ」と<FREEDOMMUNE>で大友良英さんが仰った通り思いました。
 自然の力による大災害の復興支援を行うべく立ち上がったのに、同じく自然の力によって妨げられた<FREEDOMMUNE>でしたが、USTREAM配信による深夜~早朝の小室哲哉さん祭りが最大のハイライトとなり、終わってみれば、何だかとっても良いイベントだったように思います。途中がグダグダだったけど、最後の最期でキメた『スター・ウォーズ EP3』みたいな。
 宇川直宏さんがDOMMUNEのことを「現在美術」という呼び方をしているのは、色んな意味で正しいと思えました。

 さて、宇川さん初の著書である『@DOMMUNE』がAmazonから届いたので、簡単にパラ読みしました。
 利益がないのにDOMMUNEをどうやって運営しているのだろう、と思ったらやはり赤字のようです。しかもかなり問題のある。どうすれば赤字になることなく今の理念を維持したまま運営できるか、未だその方法を暗中模索しているようで。「DOMMUNE BOOKS」というレーベルからシリーズ刊行されている諸々の本も運営費を賄うためとか。以下、本から少し抜粋します。

 このレーベルを立ち上げた率直な理由は、消極的な根拠に聞こえるかもしれませんが、それは前半のトーク番組がほとんど赤字なので、メディアを移行し、それを活字として蘇生して、商品としての価値を図って、補填したいという思いです。もちろん、トークプログラムは今後も続けるのですが、経営を考えるとこれは非常に辛い。(…)
 DOMMUNEスタジオを運営していく、存続してゆく、そして収益を上げるということを第1の目的にして考えると、更に知名度のある芸能人的な立ち位置の著名人を集めるとか、トーク以外のもっと動員が見込めるようなプログラムに変更した方がいいという意見はたくさんいただきます。しかし、民放テレビの劣化版にアンチテーゼを掲げる我々が、そんなことをしたら本末転倒ではないか!!

そんなに無理せずとも、少しは有料化してもいーんじゃございませんこと? しかし、と宇川さんはいいます。基本は無料。フェスの運営費サポートに初回限定版のオフィシャル・ガイドブックを売ったことすら、引け目を感じているそうです。
 となると……<FREEDOMMUNE>を開催中止にしたのって、本当に痛いんじゃないでしょうか? 本を読んで(パラ読みだけど)、益々応援する気になりました。が、どーやって応援すれば良いのか、さっぱりわかりません。とりあえず本を買う、くらいです。他は……「頑張って!!!!!」と世界の片隅からでも念じて応援することくらいしかありません。Twitterやってないし。
 DOMMUNE頑張って下さい!!!!!

 ところで、<FREEDOMMUNE>の件で何よりも強く感じたことは、Twitterの威力です。いや、普段は別にどうでも良いと思っていますし、大して使い道もないと思っているのですが、今回のようにイベントが急遽中止となるような事態に遭遇すると、即時性の高いTwitter利用の可否が大きく状況を変えます。私は未だにドコモのmova携帯を使っているため、携帯からTwitterを見ることができません。ので、もしも予定通りに<FREEDOMMUNE>に参加していたら、中止になった状況がさっぱりわからないまま途方に暮れていたと思うのです。結果的に、失礼な話ですけど、参加できなくなって良かったなぁ、と……だって、石川県から8時間もかけて現地へ着いたら中止になっていたなんて、翌日の帰りのバスの12時くらいまでどーすれば良いのか途方に暮れるしかありませんよ。ホント、近隣にお住まいの方を羨みます。
 ですから、近隣にお住まいの方は、もー少しだけ寄付しても良いのじゃありませんかね。4万人も視聴者がいて、七尾旅人さんや向井秀徳さんや小室哲哉さんのUSTREAM放送に2~7千人もの視聴者がいたことを考えると、1人百円を寄付するだけでも楽に目標額を達成していたと思います。『@DOMMUNE』で、宇川さんがこういっています。

 まずは「東日本大震災復興支援イベントFREE DOMMUNE 0 」への改題です。つまりスタジオが1万人以上最大2万人規模に拡張された“巨大なDOMMUNE”を現出させて、より強い意思としての復興支援を形にしなくてはならない。端的に言えば、これまで以上に義援金を集める事を目的としているので、先述したように、書籍にインビテーションカードが付いて来るという構想も、再考する必要がでてきた。(…)スポンサーを募って、出演者のギャランティを捻出し、更に、完全なフリー予約枠と同時に、フェスの運営費用捻出の為のインビテーションカード付き書籍の予約も、サポート枠として同時に受け付けるというプランに切り替えることになりました。なぜなら今回は、東日本大震災で親や保護者を失った被災地の子供達の未来と、今回の震災・原発事故によって非難区域に取り残されたペットなど、被災動物の保護活動のサポートを目的としているので、たくさんの義援金を集めたいという希望があったからです。

DOMMUNEの未来もサポートしたいですけど、とりあえずこの<FREEDOMMUNE>の希望も叶えたいですね。とはいえ、私は無理なく出せる金額を出しちゃったので、とりあえず今月と来月はもう無理です。
 うーん……何とか頑張って下さい!!!!! 念じてます!!!!!!!!!!

 とりあえず、『@DOMMUNE』は、宇川さんの想いを知ることもできますし、DOMMUNEに至る状況を知ることもできるので、DOMMUNEフォロワーは絶対に定価で買うことをオススメします!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。