--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-24

『ジャッカス3D』は、良い子を育てたい親に推奨映画

jackass
 『ジャッカス3D』を観ました。
 バカには二種類のバカがいます。憧れてしまうバカと、憧れないバカです。「ジャッカス」の皆様は前者です。あの方々が素晴らしいのは、誰もがやらない下らなくバカらしいことを行っている点です。その点で「ジャッカス」の皆様はダントツです。

 「誰もがやらない下らなくバカらしいこと」は、「反教育的である」や「反社会的である」と批判されます。しかし、なぜそれが批判されるかというと、それが実は「誰もがやりたくてもやれないこと」だったりするからです。
 笑ってもらうために「下らなくバカらしいこと」をするには、ただ「下らなくバカらしいこと」を行えば良いわけではありません。やってみたいけどやれない、みんなが思っているそーゆーことを行ってこそだと思います。実はやってみたいと思っていてもそこに踏み込めない――そのようなことを代わりに色々と、想像以上の出来で行ってくれるのが「ジャッカス」の皆様です。

 本作は、ビーバスとバットヘッドによる超バカな3Dの説明から始まります。本編が始まる前から溢れんばかりのバカを楽しめます。
 それに続いてオープニング・タイトルが始まります。3Dを意識して作ったからか、映像が奇麗。ピクサーのアニメでも観ているのかと思うくらい、高解像度でくっきり色鮮やか。メンバー紹介も兼ねているので、映ってるのはバカだらけですけど。また、高速度撮影されており、木っ端微塵に飛び散る小魚、揺らめく肉体、弾ける絵の具などの動きを存分に楽しめます。しかも3Dですから、それらが飛び出して見える。オープニングの美しさはシリーズ最高です。泣けます。
 オープニングが終わると、エンディングまで片時もアクセルを緩めることなくバカなことが続きます。

 「ジャッカス」の皆様には基本にスケーター精神がありますので、「下らなくバカらしいこと」のくせに、成功した時、何かカッコイイ。これはスケートボードで階段の手すりなんかを滑り降りる行為に似ています。それがウンチを火山噴火のように噴出させることであったとしても、成功した時には、純粋な驚きから、思わず「すげぇっ!」と感嘆してしまいます。
 日本のお笑い番組でも「下らなくバカらしいこと」はよく行われていますが、その大半は罰ゲームとして行われます。お笑い芸人自身は、笑ってもらえるから嬉々として行っているのでしょうが、視聴者から苦情が寄せられるからか、建前は「罰ゲームで嫌々やってる」となっています。ゆえに、カッコ悪い。
 しかし、「ジャッカス」の皆様には建前が不用です。「ジャッカス」の皆様は、「お笑い芸人」でなく、純粋に「バカ」だからです。嬉々として自ら危険な「下らなくバカらしいこと」に飛び込みます(嫌々なのも一部ありますが)。それが成功した時にはみんなで大はしゃぎ。だからカッコイイ。そこに「憧れてしまうバカ」が表現されています。なろうと思ってもなれない孤高の純粋さ。いや、まあ、単なるバカなだけなんですけど。

 本作で最も好きだったのは、「オナラで楽器を鳴らす」やつです。先っぽがくるくると巻いてあって、吹くと「ぴゃー」て伸びるおもちゃの笛を吹くのです。その「ぴゃー」て伸びるのが3Dで飛び出して見えるのです。超下らないのですが、丁度コーラを飲んでいる時だったので、口と鼻からコーラを「ぶはっ」と噴き出してしまい、酷い目に遭いました。
 前述しました「ウンチが火山噴火のように高く噴き出す」やつも最高でした。最初は何が噴出したのかわからないように撮っており、種明かしをされて「実はウンチだった」とわかる小粋な演出が見事でした。「ウンチが火山噴火のように高く噴き出す」様子を見られることは、人生何十年と生きている人でも滅多にないチャンスと思います。見たくないかもしれませんが。
 クライマックスは、「簡易トイレのバンジージャンプ風ウンチカクテル」です。本作で最も見応えのある下品で汚くてバカな映像でした。あれこそ「やりたくてもやれない」、「下らなくバカらしいこと」の代表格でしょう。
 球を玉で受け止めたり、酒場で小人同士の乱闘が始まると止めに来た警官が小人なら駆けつけた救助隊も小人で周囲が唖然とするってドッキリがあったり、体を張ったバカネタは他にも色々とあり、必ず1つはお気に入りのバカネタが見つかります。

 今や、YouTubeを見れば「下らなくバカらしいこと」を嬉々と行っている人々をたくさん確認できます。できますが、やはり「ジャッカス」の皆様はそれらより数段の高みにいます。責任を持って「下らなくバカらしいこと」を行い、みんなの期待を背負っている点に於いて素人と一線を画します。
 もっと下らなく、もっとバカに。期待を背負って邁進するバカ道。子供の将来の夢に「バカ」が加わっても良いと思うくらいです。誰かを笑うのではなく、笑われる中心でありたい、と願うような。

 本作の最後には意外や感動があります。エンド・クレジットがまた素晴らしい(その前にあるお約束の大爆発も)。ウィーザーの「Memories」に合わせて「ジャッカス」の皆様の幼少時代の映像が映るのですが……あんな可愛い少年たちがこんな腐った大人になるとは。時の流れは残酷です。だから、「Memories」の歌詞に感動してしまいます。歌詞はこんな感じ(意訳の上に抜粋)。

俺らは自分たちが何やってんのか大して自覚してなかった
自分たちと、今まで歩んできた人生に間違いはないって信じてたんだ

今、俺には面倒を見なきゃならないたくさんの人がいる
いつ店に食べ物を買いに行けっていわれるかわからないし
赤ん坊の泣き声が聞こえるし
芝刈りもやらなきゃ
リズムに乗らないとやってけない
だって、めちゃくちゃ退屈なんだよ!

思い出は、昔に戻りたいと思わせる
全ての思い出が昔に戻りたいと思わせる
そこへ戻るにはどうすればいい?
もう一度そこへ帰りたいんだ

これを「ジャッカス」の皆様も熱唱するのです。感動しないわけがない! 平凡な自分にできないことをやる「ジャッカス」の皆様には憧れます!

 映画館で大勢のバカどもと爆笑しながら観たい、そんな最高の作品でした。とはいえ、この手の作品は後で作られる作品の方が過激度が上がりますから、「歴史上に長々と残る大傑作」とはいえません。まあ、瞬間風速だけが強みなところも「ジャッカス」らしくて最高です。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : ジャッカス

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。