--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-21

良し悪しと好き嫌い

 こないだ『ゲゲゲの女房』を観た時のこと。
 観終えて映画館を出ると、そこには行列ができていた。館長が声をかけて整列させていたくらいだ。金沢市に於ける『ゲゲゲの女房』の上映はシネモンドで行われており、いわゆるミニシアターなので、行列といっても大した人数じゃないんだけど、それでも行列ができることは多くない。何が上映されるのかと上映予定表を見ると、『キック・アス』だった。
 『キック・アス』は前評判が高く、私も観るつもりだったので、人気があるのは良いことだ。北陸では前評判の高さが無視されることが多いんだけど、『キック・アス』に関しては前評判通りの人気らしい。ただ、私が観る時も行列ができるのは面倒臭いなぁ、とも思った。

 翌日、『キック・アス』を観た。
 一言でいうと、物凄く大好きな作品、だった。意外と残酷描写がたくさんあり、もう楽しい楽しい。爆笑しっ放し。初っ端から墜落死で始まり、景気良し。墜落し、破裂し、炸裂し、燃え、切られ、刺され、「ヒーローもの」とは思えないくらいの残酷描写だらけ。使われている音楽も大好きなものばかりだったし、すっごく大好きな作品だ!
 が、なーんか映画としては良いと思えない。意外や面白いとも思えなかった。画面にメリハリが全くなく、のっぺりとした、漫画みたいな感じだったからだろうか?

 さらに翌日、今度は『マチェーテ』を観た。
 これまた『キック・アス』同様に凄まじい描写だらけで、これまた物凄く大好きな作品だった。しかも、18禁! が、実際は『キック・アス』の方が極端な描写が多く、何のために18禁になっているのかわからなかった。主人公を演じるダニー・トレホさんの顔が18禁なのかもしれない。それでいて女性にモテるんだからカッコイイ。いいよね、狙い通りに正真正銘の「B級映画」として、トレホさんの存在感は最高だ。あーゆー作品こそ子供に観せるべき。
 『キック・アス』より面白かった。好きの度合いでいえば『キック・アス』が上なんだけど、映画としては『マチェーテ』の方が断然上だと思った。

 何で『キック・アス』が面白くないんだろう、と気になったので、『マチェーテ』の後に再度『キック・アス』を観た。
 うーん。やはり凄く好きな作品。なんだけど、とりあえず画面のメリハリのなさが面白くない要因だった。ひたすらパンフォーカスで、ピカピカのプラスチックみたいな画面。『マチェーテ』は、やたらとどうでもいい細部にこだわるロバート・ロドリゲス監督なだけに、映像へのこだわりは『キック・アス』じゃ比較にならないくらい高い。比較するなら、『ウォッチメン』とかになるか。あれも『キック・アス』同様に凄くキレイな映像だったけど、何でもかんでも映してしまう『キック・アス』とは全く異なる。
 アニメだって『トイ・ストーリー3』なんてフォーカスや影に素晴らしくこだわっているってのに、何で『キック・アス』はあんなにものっぺりしているんだろう? 夜の場面も全て書き割りのようにのっぺりしていて、メリハリが全くない。『マチェーテ』なんて、車の移動場面がいかにもな安っぽい合成で演出されているのに、悪くない。『キック・アス』は、悪い。うーん。

 好き嫌いなら『キック・アス』の方が上で、良し悪しなら『マチェーテ』の方が上。賞味期限が長いのは、間違いなく『マチェーテ』の方だろう。『キック・アス』は……大好きだけど、1ヶ月ももたないかな。
 ところで、どちらの作品も観客が静かだった。残酷場面で爆笑すると恥ずかしくなってしまうくらいに……ま、気にせず笑ってたんだけどさ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。