--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-16

正しい情報を

 評判があまりよろしくない映画版『ゲゲゲの女房』を観た。ら、実は大したものだった。腐りかけのバナナを50円で買ってくると女房が驚くが、亭主が感心するように、バナナは――バナナだけでないけど――腐りかけが美味しい。もしかしたら映画も腐りかけが良いのかもしれない。
 映画版『ゲゲゲの女房』は、メチャクチャな映画だ。時代考証も演出的な辻褄も理屈も説明も色々とテキトーに端折っている。予算のない学生映画、とそしられてもおかしくない。しかし、映画なのでそれでいいのだ。
 私はTV版を観たことがないので映画版と比較できないけど、TV版を好きな人の多くは映画版に批判的だ。たぶん私はその逆で、TV版を観たらTV版を批判しそう。映画版は、多くの楽しみに溢れているから。TV版でそれは実現できないだろう。

 こないだ織田裕二さん主演の『アマルフィ 女神の報酬』のTV版である『外交官 黒田康作』を放送していたので観たら、映画版の良さが全てなくなっていて驚いた。いや、映画版も大したもんじゃないと思うけど、映画版には少なくとも撮影の良さが溢れていたのに、TV版は予算の都合かスタッフの都合なのか、観るべき箇所が全くないものになっていた。音楽は駄目、演技も駄目、演出も駄目、物語も駄目、と全て駄目。TVだからなのかもしれないが、あれは酷すぎるだろ。カーチェイスとか無駄に頑張っていたけど、あんなのこそ端折っていいのに。あと、織田さんがしかめっ面しすぎ。レオナルド・ディカプリオさんかっつーの。映画版『ゲゲゲの女房』の宮藤官九郎さんの表情が貧乏だからってしかめっ面になってなくて良かったよ。
 とはいえ、TV版と映画版を同じように作る必要はない。同じならどちらかを観る必要がない。全く観る必要のない映画はたとえば『相棒-劇場版Ⅱ- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』とかだ。昨年の『のだめカンタービレ 最終楽章』でもいい。映画にする必要が全くないし、映画館で観る必要が全くない作品だった。だからアプローチを変えるのは大いに結構。その点で映画版『ゲゲゲの女房』は大成功していると思う。

 映画版『ゲゲゲの女房』は遊び心に溢れている。それを駄目と見るか良しと見るかは人それぞれだろうけど、私は大いに良しと見る。大したもんだ、と。特に音の使い方が良かった。ずーっと何か色々な音が鳴っていて、それが面白い。時計の振り子の音がちゃんと活かされているのとか、凄く面白かった。
 そういや物語に関係のない音がずーっと鳴っているノイズ映画のような作品を最近何かで観たなぁ、と思い出したのがイエジー・スコリモフスキ監督の『アンナと過ごした4日間』(2年前に観たので最近とはいえないけど)。音楽でなく、音を楽しめる映画。あ、そうだそうだ思い出した、ペドロ・コスタ監督の『』だ。あれも街の喧騒やら何やらがそのまま鳴っており(もちろん本当にそのままなわけはないだろうけど)、それが演出として活きていた。そーゆー部分にジャン=リュック・ゴダール監督の影響があるんじゃないか、と想ったりする。従って、映画版『ゲゲゲの女房』はゴダール的といえるかもしれない。いや、そんなに大袈裟なものではないかもしれないけど、あの演出の様々なズレは確信的に行われているので、ゴダール的なことを自覚しているのかはわからないけど、何にしろゴダール的だと思うのだ。
 だから映画版『ゲゲゲの女房』はとっても豊潤な作品だ。物語を追っているだけのTV版なんかに比べれば遥かに(たぶん)。

 絶賛できる映画版『ゲゲゲの女房』だけど、実は観る気はなかった。大好きな小島麻由美さんが主題歌を歌っていると知ったから観ただけ。そしたら驚くくらいに楽しい作品だった。貧乏っぷりも明るく描いているし、ふと映っている妖怪たちも面白いし、十分に魅力的な作品だった。
 しかし、その魅力を伝えることを怠っているプロ評論家がいる。この人ね。たとえば、

 二人の貧乏ぶりのリアリティが半端ではない。映画版ではまったくシャレにならない。クドカンのリアル貧乏神のような風貌を、もう少しチャーミングに調整すればなお共感を高められると思うのだが……。

とかいってる。うーん、そうかなぁ? 「リアリティが半端でない」とは思えないし、「シャレにならない」とも思えない。十分に宮藤さんはチャーミングだったし。貧乏な人なら共感できるし。他にも、

 実在のマンガ史のトリビアを交えながら描くのが面白いところだと思うが、そちらのテーマは薄味であった。
 結論として、NHKのドラマが無料で見られる事を考慮すると、同じ話をわざわざ1800円払ってみるだけの魅力が本映画にあるかというと微妙なところ。

いやいやいや、むしろ1800円も払ってトリビアを観たいのかと問い質したい。そんなにトリビアに飢えてんのか? 合コンで使いたいのか? そんならTVだけ見てろよ。
 好き嫌いは人それぞれだけど、良し悪しってのは人それぞれじゃない。プロなんだから正しい批評を書いて、その上で好き嫌いの感想を書けばいいのに。まあ、タダで読めるんだし、文句いっちゃ悪いか。もしもあの批評に金払えっていわれたら、そんな魅力はない、というけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。