--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-21

その後を想い、心が震える

 今、「午前十時の映画祭」ってのが開催されていて、週替わりで1年間50作品が上映されています(金沢市ではイオンシネマで「赤の50本」が上映)。
 今週でもう3本目。『十二人の怒れる男』、『激突』と来て、『羊たちの沈黙』です。上映作品のどれもが名作・傑作の呼び声高く、ほぼハズレなし。ちょっと教科書っぽすぎる感はありますが、スクリーンで観たことがない作品も多く、貴重な機会なので全作品を観たいと思っています。

 3本を観て抱いたのは、時代が経っても色褪せない魅力はあるもんだ、という感慨です。『激突』は既にしてスピルバーグ印が濃厚に表れていましたし、『十二人の怒れる男』は現代にもまだまだ通用する物語ですし、『羊たちの沈黙』のレクター博士のエポックメイキングさは数多の類似品を消し飛ばす迫力がまだまだありました。
 なぜそれらの作品は時代に流されることなく鮮度を保っていられるのでしょうか? 数多の作品が、その時その時では面白い大傑作と評価されながらも時代に流されて消えてしまうのに。
 上記3本だけに限定していうならば、「多くを語らないから」が秘訣だと思います。それが終了後の余韻の良さと深さにも繋がります。重要なのは、作品の主軸がぶっとくてしっかりしていること。それ以外はオマケのようなものですから、物語がテキトーでも問題ありません。省略の巧さは作品の良さに直結します。つまり、省略が下手な作品は駄作へ直結します。
 省略する箇所が山ほどあるようで全くない『愛のむきだし』みたいな作品もありますが、それは『デス・プルーフ in グラインドハウス』も同じ。長いし無駄だらけですが、その無駄は必要不可欠の無駄であり、よく見れば省略に省略を重ねています。

 省略の技を極めつつあるのがクリント・イーストウッド監督。今や作る作品が全て名作・傑作として色褪せなさそうです。最新作の『ヒアアフター』もワクワクしながら観ました。で、驚きました。物語がどう考えてもM・ナイト・シャマラン監督向けなのに、出来上がった作品はたまらなくイーストウッド監督作品になっています。
 冒頭から津波災害場面から始まる景気の良い『ヒアアフター』は、霊界通信あり、地下鉄テロあり、と大変スペクタクルな作品となっています。しかしその実、描写から展開から何もかも中途半端に終わるので、何を描いた物語なのかさっぱりわかりません。イーストウッド監督が面白いのはそこです。スペクタクル超大作になろうかという作品を、物凄い力技で個人の小品に落とし込んじゃう。シャマラン監督はその逆。
 触らないと霊界通信ができない妙なフェチっぽさもイーストウッド監督はさらっと流します。あれがデヴィット・リンチ監督やデヴィッド・クローネンバーグ監督ならこだわるような気がします。考えればクローネンバーグ監督の『デッドゾーン』は、題名的に『ヒアアフター』と通じる点がありますが、全く逆を向いています。
 『ヒアアフター』は、何もかもをさらっと流し、最後の展開までさらっと流す。喉に何もつかえず、口当たりも良く、感動までできる。凄い。マット・デイモンさん演じるジョージをイーストウッド監督自ら演じていたら、最後の場面の感動の説得力が増したと思いますが、そこまでしないのがイーストウッド監督らしさ。

 省略は、省略の美学といいますか、侘び寂び大好きな日本が得意とするところです。しかし最近はそうでもなく、やたらと説明する作品ばかりです。
 最近作では、『ゲゲゲの女房』が中略だらけで最高でした。テレビ的に細々と説明し、描写する必要はありません。お見合い場面や情事場面などは描く必要なく、結果だけが示されれば十分です。だって、『ゲゲゲの女房』は実話なのですから、結局夫婦仲良く暮らしていることはわかりきっている以上、省きまくっていいのです。

 しかし、結果すら示されなくても十分なことがあります。
 『ヒアアフター』は、最後の最後でようやく物語の道筋を示して終わります。つまり、“結果”が示されません。物語がきっちり完結して終わる必要はありません。最良の時点で終われば良いのです。
 『十二人の怒れる男』が判決場面を描いたりしたら、『激突』がタンクローリーの運転手の素性を明かしたら、『羊たちの沈黙』がレクター博士のその後の行為を描いたら、一気に興醒めします。『ヒアアフター』も、最良の終わり方をしたと思います。全く中途半端じゃありません。
 ですので、『映画秘宝』で『ヒアアフター』を「トホホ」の1位にした町山智浩さんが不思議でなりません。たとえ最後がトホホなのだとしても、そこまで十分に楽しんだのなら、それは最高の作品ではないでしょうか? それが理由で『ヒアアフター』を「トホホ」に挙げるのは、町山さんの主義主張と異なります。
 この先に幸せが見える――それを信じることができるのなら。『ヒアアフター』はそこをきっちりと示しているので、完璧な終わり方です。物語のテーマとも一致しています。台詞にもちゃんとあります。双子の兄が、霊界通信にて「ここは楽しいところ」だといいます。「ここは何にでもなれる」とも。それは何も「あの世」のことだけではないでしょう。この先、未来に対する隠喩と捉えることもできます。「霊界」というアイテムは、物語を動かすものですが、こだわるテーマではないと思います。
 未来には、幸せになり、なりたいものになれる可能性がある。それを願うだけでなく、それに向かって強い一歩を踏み出す。これ以上の完璧な終わり方はないでしょう。イーストウッド監督らしい作品です。
 またチャールズ・ディケンズさんの作品が3人を繋げるのも面白い設定だと思いました。アメリカ人であるイーストウッド監督が、日本を撮り、アフリカを撮り、フランスやイギリスも撮り、まるで世界中を撮ろうとしてるようです。多彩な物語を扱いつつも、中心には必ず思いやりや優しさがたっぷり詰まっています。イーストウッド監督が何を撮ろうとするのか、ますます楽しみになってきました。

 『ヒアアフター』、見事です!
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-02-19

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、品質がMADE IN CHINA以下

yamato
 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観た。
 観る前から駄作は決定していたんだけど、昨年の元日に予告編が解禁されてから1年近く、待ちに待ち、その間に期待値は上がりに上がり、気付けば他のどの作品よりも期待していた。だって、絶対に駄作にしかならないのに、「2010年『ヤマト』YEAR始動!」なんてぶち上げられたら期待するなって方が無理。
 果たして、期待通りに酷――くはなかった。思ったよりもマトモで、マトモゆえに普通に酷かった。つまり、何の変哲もない普通の駄作だった。

続きを読む...

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : ヤマト

2011-02-13

好きになれそでなれない

 ちょっと前のニュースですが、稲垣吾郎さんが映画賞を受賞したのには驚きました。

毎日jp→稲垣吾郎:男優助演賞に「神様からの贈り物のよう」「毎日映コン」表彰式に登場

 上記リンク先から抜粋。

アイドルグループ「SMAP」の稲垣吾郎さんが「第65回毎日映画コンクール」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の男優助演賞に選ばれ、8日、川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで開かれた式で表彰を受けた。タキシード姿の稲垣さんは「こういった賞をもらったことが無かったので、神様からの贈り物のよう。というか、夢みたいです。賞に恥じないように、これからもがんばって、映画業界に少しでも力になりたい」と喜びを語った。
 “史上最凶”の暴君に挑戦した映画「十三人の刺客」(三池崇史監督)での受賞となった稲垣さん。表彰式後の会見では「(悪役は)ちょっと気持ちよかったです」と満面の笑み。「監督ものびのびやっていいといってくれたので、現場ではリラックスして、けっこう楽しくできた」と振り返り、「ぼくの中のちょっとした狂気が出たのかもしれない。誰が驚いたって、ぼくが一番驚きましたから。役者としての新境地、ステップアップができたのかなと思う。ちょっと癖になりそうですね」と手ごたえを語っていた。
 今後について聞かれると、「時代劇にすごく興味を持ちました。ちょんまげ姿も案外似合っているかなと思ったので、前髪が武器だったけど、ちょんまげも武器になるかなと」と笑わせ、悪役についても「もちろんやりたい。ぼくにしか出せない狂気、悪人像みたいなものは、きっとあると思う。ぼくの中の“S”の部分が目覚めましたね。メンバーにはいつもいじめられて、お前は“M”だって言われてるんですけど」と笑顔で語っていた。

確かに稲垣さんの暴君は意外な出来で、それはそれは楽しめました。が、ちょっと文句があります。

 3年前でしたか、稲垣さんは確か『ホステル』をボロクソに批判していました。だのに自分は『ホステル』に登場するような鬼畜を演じ、映画賞を貰って喜んでいます。『ホステル』みたいな作品観て喜んでいる客を批判し、『ホステル』のような作品を映画と認めないような批判をしたくせに、「ちょっと気持ちよかったです。ぼくの中のちょっとした狂気が出たのかもしれない。誰が驚いたって、ぼくが一番驚きましたから。役者としての新境地、ステップアップができたのかなと思う。ちょっと癖になりそうですね」だと?
 鬼畜を嬉々として演じて「神様からの贈り物」を貰えたと思うなら、『ホステル』と『ホステル』大好きな人々に謝れといいたい。
 繰り返しますが、稲垣さんが演じた鬼畜暴君は確かに間違いなく評価できるものでした。憎々しく、無惨にぶっ殺されればいいのに、と思えるくらいで、それは見事なものでした。しかし、演技としては大したことをしておらず、普通にいつもの稲垣さんでした。役柄が突飛なだけで特別の演技力は求められていません。単に役柄に恵まれただけ。それが悪いといっているわけではありません。そーゆー適材適所の役柄に恵まれたことこそが「神様からの贈り物」なのです。映画賞はオマケもオマケ。歴史に残るのは、稲垣さんの演じたキャラクターであり、映画賞の方ではありません。
 何事にも適材適所があり、それは『ホステル』も同じです。三池崇史監督版『十三人の刺客』にしたって、稲垣さんの鬼畜暴君ぶりを楽しんだ客はたくさんおり、「もっと酷いことをもっとやれ!」と応援した人だってたくさんいたでしょう。それはそーゆー楽しみ方をするだけのことで、何も現実に鬼畜な行為をして楽しみたいわけじゃありません。
 もしかすると『十三人の刺客』を観て犯罪に走る人がいるかもしれません。稲垣さんの演技により、ボウガンで子供を射ってみたいと思う馬鹿が出るかもしれません。しかしそれは作品のせいでなければ稲垣さんのせいでもありません。単に馬鹿が悪いのです。多くの人は作品として楽しむだけです。それこそ稲垣さんがいうように、「ちょっと気持ち良く、ちょっと癖になる」わけです。
 SMAPという国民的アイドルの一員として、非良識的な発言はできないのだと思いますので、今後も『ホステル』的な作品を批判するかもしれませんが、『十三人の刺客』にて「ステップアップができたのかなと思う」のでしたら、今後は評価する範囲をもう少し広げてほしいものですね。SMAPの稲垣さんが褒めたとなれば『ホステル』だって大ヒットしたかもしれないのですから。

 稲垣さんには、世界初のアイドル鬼畜の道も邁進してもらいたいものです(決して「鬼畜アイドル」にあらず)。応援しています!

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

2011-02-02

断崖絶壁の上の映画産業

 一昨日の北國新聞の朝刊にこんな記事が載っていました(全文引用。強調部分は私による)。

<シネコン全盛、小劇場は苦境>
 国内映画館の2010年の年間興行収入が、過去最高となった。3D大作などを上映するシネマコンプレックス(複合型映画館)が活気づく一方、個性的な作品を上映するミニシアターは閉館が相次ぐ。映画関係者の間で「映画ファンの鑑賞習慣が変わりつつあるのではないか」との見方が広がっている。

 「3Dを乱用すると飽きられる」(東宝の高井英幸(たかい・ひでゆき)社長)。「3Dが興行収入のけん引力になるのは数年間だ。一般化してくれば違うだろう」(日本映画製作者連盟=映連=の大谷信義(おおたに・のぶよし)会長)。27日にあった年間興行収入の記者発表。3D作品の今後の見通しについて、映画業界トップの発言には、期待と不安が交錯した。
 『アバター』156億円、『アリス・イン・ワンダーランド』118億円、『トイ・ストーリー3』108億円。ずばぬけた興行収入を挙げた3D映画の公開は昨年前半。後半は10月公開の『怪盗グルーの月泥棒 3D』が12億円などと、ブームは一段落した感がある

 大作に観客が集中する陰で、芸術性の高い外国映画などの小品は不振だ。多くのスクリーンを持つシネコンが全盛で、良い作品を上映する映画館を探し回るようなファンは年々減っている。角川書店(角川映画)の椎名保(しいな・やすし)専務は「話題作中心へと市場は変化した。映画に詳しい人はオタクととらえられ、映画離れにつながっている」と嘆く。
 日本映画も年間興行収入が過去最高だったものの、ヒット作はアニメの他、テレビドラマの映画版や漫画原作の映画ばかり。昨年公開された408本のうち、興行収入が10億円以上だったのは29本。それだけで全興行収入の約72%を稼ぎ出し、大ヒットと不発の二極化が進んでいる

 郊外型のショッピングセンターに併設して広がったシネコンは近年、都心にも展開している。昨年は横浜市や京都市の主要駅周辺で開業。映連によると昨年末には、国内映画館の全スクリーン数の81%をシネコンが占めた。
 一方、ウディ・アレン監督の作品などを上映してきた東京都渋谷区の恵比寿ガーデンシネマが29日から休館。1980年代のミニシアターブームを支えたシネセゾン渋谷も2月に閉館する。
 地域の映画館を支援するコミュニティシネマセンター(東京)によると、09年末時点の調査で、島根、徳島の両県はシネコンだけとなっていた(成人映画館を除く)。同センターの伊藤重樹(いとう・しげき)さん(51)は「単館系の映画で若い映画監督が育った後、大手映画会社で撮るような裾野の広がりが映画界に必要だ。地域の劇場でいろんな人に見てもらえる作品を上映し、映画の多様性を守りたい」と力を込める。

 実はこの記事、共同通信社のものらしく、北國新聞に掲載されたものはその記事を少し削っています。削られているのは、

続きを読む...

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。