--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-10

プラネット・テラーinグラインドハウス

 ゴー・ゴー・ダンスがあって、たくさんゾンビが出てきて、血肉がぐっちゃびっちゃと弾け飛び、目や目に木の破片や注射器が突き刺さり、五体が引き裂かれ、ピクニックに最適な地獄絵図が繰り広げられ、片足を引き千切られたヒロインはマシンガンを義足にし、ミサイルなんかも飛ばしたりして、ゾンビも人間もぶち殺しまくり、全身が膨れ上がってドロドロに溶ける奴がいて、睾丸を大事にコレクションしている奴がいて、リズミカルに色んなもんが爆発炎上し、最低でも1分に1回くらいは爆発炎上し、忘れた頃に大きなオッパイの谷間が映って、空も飛んじゃうヒロインは人類の救世主となるのだ!

 いや、ロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラーinグラインドハウス』の粗筋です。覚えている部分を思い出した順に繋げたらこんな感じに。
 とても面白い。傑作ではないけど、どちらかというと凡作だけど、大好き! 私的な映画の要素をほぼ満たしている。爆発、ゾンビ、血肉吹き千切れ荒れる残酷描写、ギャグ、銃撃戦……足りないのは裸要素くらい。もっとこーゆー作品が増えてくれると嬉しいんだけど、需要ないからか全然公開されず、悲しみに暮れる中、オアシスのように潤いに溢れているのが『プラネット・テラー』! 癒し映画だ!

続きを読む...

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。