--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-06

シッコ その2

 前回の続き。

 マイケル・ムーア監督は、「アメリカ以外はどうなんだ?」とカナダ、イギリス、フランスへ取材に行く。そして驚く。何と皆、医療費がタダなのだ。3割負担とかじゃない。そんな馬鹿な! でも、医者も患者も失笑混じりにいう。
  「医療費を払う? 何のために?」
 ならば、医療費はタダでも、病院は経営上どっかに金の出入り口がある筈だ! と、イギリスの病院でそれを見つける。それは。
  「会計」
 あった! ここだ! ここが金の出入り口だ! しかし、そこの係員はいう。
  「いや、ここはお金を頂く場所じゃないですよ」
 じゃあ、何で会計なの? 会計つったら、金を払う場所じゃないか。
  「いいえ。ここは、患者からお金を貰う場所じゃなく、通院にかかる交通費を出せない低所得の患者に、交通費を払い戻す場所です」
 ムーア監督の完敗。

 アメリカ人にとっては嘘としか思えない国民保険は、先進諸国にとっては当たり前の制度でしかない。何でアメリカ人は黙って政府のやり方に従ってんだ?
 
 今年の6月末くらいに、イギリスの爆弾テロがあった。犯人は、貧しく、人々から差別の限りを受け、復讐に燃える、社会的な弱者――ではなかった。ムーア監督が褒め称えるイギリスの国民保険サービスで働くイスラム系の医者だった。この事実が判明した時のアメリカの報道は、こんなだった。
  「国民保険制度がテロ思想を増長させた」
 日本人からすりゃ、冗談もいいとこだ。どんなことがあれば国民保険がテロと結び付くのか。TVのワイドショーなんかで、「テロは、国民保険のせいだ!」といってるコメンテーターがいたら、即刻そいつはクビだろ。ところが、アメリカ人はそれを信じちゃった。全員が全員じゃないけど、かなり信じた。「世界の爆笑ニュース」てタイトルの2時間特番で流れるようなそんな馬鹿話を、アメリカは何十年間も繰り返してきたのだ。医療業界と利権まみれの政治家どもの手によって。

続きを読む...

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。