--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-30

天元突破グレンラガン

 遂にTVアニメの『天元突破グレンラガン』が終わってしまった。半年見続けてきたわけど、正直、熱心に見続ける必要があるほど物凄く面白い作品だったわけじゃなかった。でも、何となく見続けてしまった。所々、グッと面白かったからだ。
 最終回は、凄かった。良い意味でも悪い意味でも。

 良い意味では。
 とにかく盛り上がった。勢いがあった。蛇足はあったけど、終わり方も良かった。単純なハッピーエンドよりも、良かった。確かにな、と納得はいった。一番最後のシモンは(蛇足の年寄りの方でなく)、初めて主人公らしくカッコイイと思えた。
 
 悪い意味では。
 勢いしかなかった。何だありゃ。展開も何もあったもんじゃない。ガオガイガーの「成功率なんて単なる目安だ。あとは勇気で補えばいい」(by.「SF名文句・迷文句集」)という台詞を想い出した。勢いしかないような作品は、いくつもなくていいと思うんだ。

続きを読む...

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

2007-09-30

またもや

 デザインを変更。
 見ている人がいるかどうかわからないけど、見ている人がいたら、落ち着きなくて、どうもすみません。

追記:
 さらに、スクロールバー表示から、「続きを読む」形式に変更中。

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

2007-09-30

ベルヴィル・ランデブー

 下の『ルネッサンス』の文章で書き忘れていたことがあったので、続き。
 
 同じフランス製アニメ映画で、CGを駆使した作品に『ベルヴィル・ランデブー』というのがあり、こちらは何もかもが傑作なので、超オススメ。
 どんな作品か全く知らない人は、もう5年前の作品だけど、まだ公式HPが活きているので、そちらを参考に。予告編は、さすがにリンクが切れているみたいで、見られないけど。

 個人的に最近の十年間で公開されたアニメ映画では、『マインド・ゲーム』とこの『ベルヴィル・ランデブー』が超傑作だと思っている。あ、『河童のクゥと夏休み』も。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2007-09-30

ルネッサンス

 既に遅いネタだけど(先週までに公開が全国で順次終了中……)、フランス製のアニメ映画、『ルネッサンス』が凄くカッコイイ。
 映像が凄い(公式HPで予告編が見られるので、それを参考に)。全編、過度に強調された光と影だけで描かれているのだ。つまり、白黒の映像。雰囲気は、スティーヴン・スピルバーグ監督作『マイノリティ・リポート』の未来世界をフランク・ミラーの漫画版『シン・シティ』そのままに動かしたような感じ。
 この手法で描かれたアニメ作品は『ルネッサンス』だけではないけど、長編として全編この手法でやり通したのは初めてじゃないだろうか。映像から受ける新鮮な驚きは、それこそ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』以来、久々に味わうものだ。完全CGアニメだからこそ実現できたその映像は、絶対に観る価値がある。音楽だけが売りの、のっぺりまったりした『ベクシル 2077日本鎖国』とはエライ違いだ。

続きを読む...

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。