--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-24

変更しました

 ブログの見た目を変更しました。長文を作りがちなので、ずらーっと全文表示のままだと見辛いというか読む気をなくすというか……そこで、フレーム付きのテンプレートに変更を。
 またいきなり変えるかもしれませんけど、「あれ? 違うとこに来た?」と驚かないように。たぶん、気に入るまでは頻繁に変わる可能性、ありです。
スポンサーサイト

テーマ : 更新記録
ジャンル : その他

2007-09-24

そんな無茶な! カナザワ映画祭2007 クロージング

 もう過ぎた話だけど、9/21にカナザワ映画祭のクロージング映画、『そんな無茶な!』がシネモンドで上映された。
 監督でもあり脚本家でもあり俳優でもある佐藤佐吉さんが、遂にプロデュース業にも手を出したこれは、「そんな無茶なもの撮れるのかよ!?」という企画にだけ製作費百万円を出資するプロジェクト。完成した作品は、「彼女が歌う理由」「おばあちゃんキス」「東京ゾンビ外伝」「アブコヤワ」の短篇4作のオムニバス。

 本田隆一監督の「彼女が歌う理由」は、全裸で歌う女性歌手がいる噂を聞きつけ、その姿を追うドキュメンタリー。
 井口昇監督の「おばあちゃんキス」は、おばあちゃん同士の愛と友情の物語。
 花くまゆうさく監督の「東京ゾンビ外伝」は、原作者自身によるリメイク。
 真利子哲也監督の「アブコヤワ」は、製作費の百万円全額で宝くじを購入し(3,333枚で、おつりが百円)、その顛末を追うドキュメンタリー。

 さて、その内容がどれだけ無茶だったかというと、はっきりいってどれもショボかった。つまらん。笑えん。どこが無茶だ。

続きを読む...

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。